新型コロナウイルス 終息について

きざきの郷 施設長 工藤エミリ

この度、ショートステイきざきの郷にて新型コロナウイルスが発生し、ご利用者様、ご家族様、関係機関の皆様にはご迷惑とご心配をお掛けしましたこと、改めて心よりお詫び申し上げます。

新型コロナウイルス陽性となったご利用者が退所された日から2週間以上経過し、新たな感染者も出ることなく、業者による消毒作業を経て安全が確認されたことから、ショートステイきざきの郷およびデイサービスセンターきざきの郷の営業を令和3年2月27日土曜日より再開いたしましたので、ご報告申し上げます。

この間、皆様のご支援とご協力を賜り、再開に向けて職員一丸となって感染拡大防止に努めた結果、再開の運びとなりましたことを心より感謝申し上げます。

再開にあたり、これまで利用いただいていた皆様には、ありがたいことに継続してご利用いただき、再開の日には皆様の元気なお顔を見られましたこと、望外の喜びでした。

今回の発症を真摯に受け止め、この経験で得たものを活かしながら、皆様に安心して過ごしていただける施設づくりに職員一同邁進してまいる所存でございます。

今後ともきざきの郷をよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です